奇門遁甲盤の見方

奇門遁甲の見方 を説明します。

①八方位のうちの東。この方角へ移動します。

②この枠は現れないときもあります。黄色の四角が多いほうが運気が高い。

③八門の象意。ここに書かれている内容の効果が期待できます。
活盤奇門遁甲では、八門を最も重要視します。開運や運気アップに使える八門は、三吉門と呼ばれる、休門・生門・開門と中吉門の景門になるかと思います。残りの4つの門も用途によっては使えますので、各門の象意を参考にしてください。

④は八門が入ります。③と④は同じ門になります。

⑤は、この方角を利用するにあたっての総合評価です。60点以上で利用可能です。場合によっては50点でも利用可能です。
こちらも、ピンクで色付けをした方角以外は使うことができません。これは絶対的なルールです。

鑑定書説明書き

⑥は、天盤と地盤の配合についての評価です。
活盤奇門遁甲では、重要度は低めで、低~中

⑦は、吉格といって、重要度はかなり高めです。
吉格は、そう多くはないので、吉格に該当するものがあるときは、進んでこの方位を選ぶことをお勧めしますが、透派奇門遁甲と違い、三吉門または景門が入っているときに使えます。
あくまでも八門の象意が優先になりますので、注意が必要です。

⑧は、凶格といって、重要度は高く、気を付けないといけませんが、背景がピンクの場合は、利用することができます。

⑨はには、盤のタイプが入ります。時盤・日盤・月盤・年盤 のいづれかが入ります。

⑩鑑定する年月日

⑪時盤の場合の時間帯

⑫干支(えと)局数

鑑定書の見かたをまとめると、

  • まずは方角のマスがピンクであること 点数が高いほど運気が強い
  • ③④に三吉門(休門・生門・開門)または景門があるかどうか
  • ③の象意をもとに行動します。活盤奇門遁甲は、使用目的がはっきり明確ですので、象意に書かれた運気が上がります
  • あとは、⑦凶格がなく②⑥が良い内容であればより良いですが、さほど気にする必要はないかと思います

基本的な鑑定書の見かた・利用法は上に書いた通りですが、最終的にはご自身で実践してみて、ご自身なりの運気アップ方法を見つけるほうが楽しいのではないでしょうか。
活盤奇門遁甲は、利用方法がすごくわかりやすいです。ピンク色の方角に三吉門・景門が入っていて、門の象意にあなたが運気アップを望む内容が含まれていればよいので、わかりやすく利用しやすいです。

鑑定結果をもとに色々と試していただければ思います。

時盤・日盤の利用方法

奇門遁甲 時盤・日盤の利用方法

以下は黒門氏の著書「全伝 奇門遁甲 上巻」(下で黒門氏の書籍を紹介)より、日盤と時盤の利用方法を抜粋して引用。

日盤の利用法

日盤は、旅行等に用います。方位学でいう吉方位取り的な使い方となります。日盤の吉方位を選んで移動します。

距離

日盤を利用するには、距離は最低50キロ以上移動する必要があります。毎日通勤や仕事で何十キロと移動している人は、100キロ以上移動しないと効果が現れにくいようです。逆にほとんど自宅から出ない方は、30キロ程度で効果が出ることもあります。

短い距離の移動の場合は、はっきりとした効果が出ないとはいえ、吉方位に移動すれば吉であることは間違いありません。

できるだけ吉方位へ出かけることで、はっきりとした効果は現れなくても、吉方位の累積効果が期待できます。したがって、休日等で吉方位があれば、例えば10キロ程度の短い距離の移動でも、できるだけ吉方位へ出かけて少しずつでも吉を積み上げていくことをお勧めします。

時間

移動の目的地に着いたら、数時間は滞在する必要があります。移動距離にもよりますが、目安としては3~6時間程度留まればよいでしょう。

宿泊できればベストですが日帰りでも構いません。なお、宿泊が数日におよぶ場合は、帰りの方位も見る必要が出てきます。したがって、日帰りや1泊程度の旅行の方が、かえって利用しやすいといえるでしょう。

目的地

目的地は、吉方位の範囲内から出なければ数ヵ所でも構いませんが、数ヵ所移動するよりも、1ヵ所に長く滞在する方がより効果があります。 長時間時間をつぶせるレジャーランドやアミューズメント施設等を目的地に選ばれるのもよいでしょう。

観光等で数ヵ所を回る場合は、どこか一ヵ所で少し長めに滞在するか宿泊するようにしましょう。

目的地では、できるだけ歩くことをお勧めします。または、温泉などでゆっくりとくつろぐのも悪くありません。できれば、その地方の名産品等を食材に使った食事を取りましょう。

目的地はできるだけ風水等で見て吉地となる場所を選ぶべきです。観光名所やレジャーランド等の人の集まる場所は、良い場所が多いようです。不浄な場所や、いわくつきの場所等は避けてください。

経由地について

例えば、目的地が北の場合に、道路や利用する交通機関の関係で、一度東の方向へ移動して、その後に目的地に向かうような場合があります。

日盤の場合は、よほど長時間にわたって途中の駅などで停まらない限り、目的地の方位が吉であれば、途中で別の方位を迂回しても問題ありません。ただし、時盤では注意が必要になります。

効果の現れる時期

日盤の効果は、距離や滞在時間等で異なりますが、1週間~2週間後に現れることが多いようです。中には3~4週間程して現れる場合もあります。 注意が必要なのは、日盤の効果はその日に現れるものではないということです。例えば、日盤の吉方位を利用して出かけた場合、出先でトラブルが起きることもあります。

これは、日盤の吉方位による効果は、すぐに現れるわけではなく、早くても数日後になるからです。このような出先でのトラブルを避けるためには、日盤ではなく時盤の吉方位を選ぶ必要があります。

時盤の利用法

時盤の特徴

時盤は年盤・月盤・日盤等と比較すると作用が弱く、なかなかはっきりと効果が現れません。しかし、時盤は2時間ごとに変わるために、吉方位が取りやすいのが特徴です。

日盤で北が凶方位だとすると、その日は1日中、凶方位の北へは向かえませんが、時盤では2時間ごとに盤が移り変わるため、吉方位となる時間を選択すればよいのです。

時盤の活用法

時盤は様々な日常行動に利用にできます。例えば、デート・見合い・買い物・商談等に使用できます。

通常は自宅を出発点として時盤を作り吉方位を選びます。目的地へはなるべく寄り道をせずに直行します。

デート等はお互いの自宅から吉方位となる場所を選びます。

商談等に利用する場合は、会社から商談場所が吉方位になる時を選んで出かけます。 もし、商談場所と時間がすでに決まっており、どうしても吉方位が取れない場合は、あらかじめ商談場所が吉方位となる場所へ一度出かけて、しばらく時間をつぶしてから商談場所へ向かいます。

商談等の利用の場合も、朝会社へ出社して1時間も経たないうちに商談場所へ出かけると、会社ではなく自宅が出発点となってしまう場合があります。できれば出社後、1時間以上は会社に留まってから出かけてください。

寄り道をしない

時盤の場合、目的地へ向かう途中で30分以上同じ場所に留まると出発点や出発時間がくるうことがあります。ですから途中で長時間寄り道をすると、その寄り道した場所からスタートしたことになってしまう場合があります。

徒歩等の移動ではあまり問題がありませんが、交通機関を利用する場合は、途中の乗り継ぎ等に長く時間がかかることがあります。この場合も寄り道と同様にくるう危険性があります。

交通機関を利用する場合は、時刻表等であらかじめ調べておいて、乗り継ぎに費やす時間を最少になるように配慮してください。自動車を使った移動も、途中で休憩したり渋滞に巻き込まれると、やはりくるう場合があります。