MENU

奇門遁甲引っ越し術 とは?

中国方式の奇門遁甲引っ越し術に利用する時盤の流派は「活盤奇門遁甲」です

奇門遁甲の引っ越し鑑定には、日本方式と中国方式の二つがあります。

日本方式は、月盤を用いて、現在お住いの住居から見た吉方位を判定し、その月内に引っ越します。

日本方式のデメリットは、引っ越ししたい月に、吉方位がないケースが多々あります

引っ越し予定の段階であれば、吉方位が巡ってくるまで待つこともできます。

しかし、急な転勤や既に新居を購入済みで、引っ越し時期が決まっている場合、凶方位へ引っ越しせざるを得ない状況も考えられます。

そのような状況では、安定した新生活を送れるはずはありません。

また、精神面でもかなりの負担を強いられます。

このような、人生の局面をも好転させることが可能な奇門遁甲引っ越し術

奇門遁甲発祥の中国で、実際に行われている、中国方式の引っ越し術は、建物の向きを判断要素に用い、時盤の吉時間に「入宅」します。

ほとんど制約もなく、シンプルな引っ越し術。

シンプルな引っ越し術ではありますが、日本方式と中国方式に優劣の差はございません

どちらが利用しやすいかと問われたら、間違いなく中国方式です。

九星気学や他の流派の奇門遁甲で、引っ越し方位が凶判定の場合はぜひとも、中国方式での再鑑定をおすすめいたします。

中国方式の引っ越し術を図解で説明

中国方式の引っ越し術は、図の通りですが、説明させていただきます

  1. 新宅(転居先)の玄関の向きを調べます
  2. 見本の玄関の向きは「北」。 必然的に入宅方位は「南」
  3. 見本の場合、吉方位(吉門)が「南」に入る時盤を探します(吉方位は①黄色の背景または②ピンクの背景)
  4. 時盤の「南」が吉方位にあたる時間帯に入宅

中国方式の入宅法とその要件

門の運気の強さ①開門 ②生門・休門 ④景門
それ以外の門は利用不可。

① 引っ越しをする年月日
② 時盤の有効時間

見本は13時~15時の間に入宅します。
※可能ならば、真ん中の偶数時間(14時)に入宅

中国方式の引っ越し鑑定は、非常に簡単です。

時盤は1日に12盤あり、思った通りの日時に引っ越し予定を合わせることができ、非常に合理的です。

入宅法の要件とは?

引っ越し当日、新居に最初に入室する時間が吉方位であること

しかし実際には、引っ越し業者などの都合で、入宅の時間が調整しにくい場合があります。

その時は、前もって、吉時間に入宅を済ませ、引っ越し業者の到着を待ちます。

それも難しい場合は、2つ目の入宅法を実践してください。

2つ目の入宅法の要件

引っ越し作業や用事などを終え、寝泊りを開始するため、この日の最後に室内に入る時間が吉方位であること

この、2つ目の要件は、寝泊りの開始をもって引っ越し1日目としますので、引っ越し当日、最後に室内に入ることを「入宅」と定義。

どちらの入宅法を選択した場合でも、入宅前にはこれから新たに始まる新生活への希望や意気込み、信念や感謝の気持ちを心に念じ、入宅してください。

この感謝の気持ちが、あなたの望む運気を引き寄せ、安定した生活に導いてくれます。

直販ページはこちらから!

最新版奇門遁甲利用方法

最新版金函玉鏡利用方法